GameMaker Studio2 バージョン2.2.4が公開!

GameMaker Studio 2の2.2.4がついに公開されました。
3Qとなる今回は主にコンソールSDKの更新とモバイルOS向けのアップデートの予定でした。

GAMEMAKER STUDIO 2 VERSION 2.2.4 OUT NOW!

いくつかあるアップデートの中で気になるものをピックアップしてご紹介します。

WEBSOCKET

HTML5からHTML5への接続、HTML5からVM/YYCへの接続を許可するWebsocketをサポートしました
(原文:Added support for websockets to allow HTML5 to HTML5 connections and HTML5 to VM/YYC connections)

HTML5からVM/YYCに接続するって、それはビルドできるって事?と少し思ったんですがちょっと認識が違うっぽいです。

これで、サーバーをGMS2デスクトップアプリまたはNodeJSアプリケーションとして作成し、複数のブラウザーと他のネイティブアプリをこのサーバーに接続できます
(原文:Now, you can create your server as a GMS2 desktop app or a NodeJS application and have multiple browsers and other native apps connect to this)

どうやらHTML5からデスクトップアプリとの接続ができるようになった?という感じだと思います。
Node.jsアプリ(HTML5で出力したGMS2のビルド)をサーバー上で動かす事によって、ゲームサーバー的に使う事ができるようになったという事かと思います。
もともとLinux用ビルドも可能なので、デスクトップアプリ同士では恩恵は少ないかもしれません。

しかし、ブラウザゲームでサーバー通信ができるようになったとなれば、少し幅が広がりますね。

アップデートのニュースの後に出た[公式のチュートリアル記事は、Websocketのアップデートの詳細説明の意図がありそうな気がします。

エディタ高速化?

一般:エディターウィンドウのGPUメモリ割り当てを変更しました。これにより、ワークスペース間を移動したり、GMS2をしばらく実行したりする際のパフォーマンスが向上するはずです。

GPUメモリの割り当てが増えたって事なんでしょうね。
あまりないと思いますが、GPUメモリが小さいユーザーはもしかするとパフォーマンスが落ちるかもしれませんので、いいPCを買いましょう。

空のコードファイルの保存に関する動作の変更

  • リソースの作成後、エディターを最初に閉じたときに保存するコードがある場合にのみ、コードファイルがディスク上に作成されるようになりました。
  • ここで、新しいスクリプト/イベント/シェーダー/インスタンス作成コード/ルーム作成コード/タイムラインモーメント/メモを作成し、何も入力せずにコードエディターを閉じると、空のファイルは作成されないようになりました。

ちょっとルームのクリエイションコードを開いてすぐに閉じたらファイルが作られてた…っていうのが無くなります。(むしろある方が変)

その他の情報はリリースノートをご覧ください。

Related Posts

初心者でも簡単!2Dゲームエンジン『GameMaker Studio 2』の魅力
大好きなゲームを作って売ってみたいと思う人は多いと思います。 でもゲーム開発はハードルが高くて、なかなか手が出しづらいですよね。 UnityやU...