2Dアートの新たな表現!オープンソースの2D法線マップツール『Laigter』

ついにオープンソースのWindows/Linux向け法線マップツール『LAIGTER』のバージョン1.7がリリースされました。

LAIGTERとは?

191012_0

上の図でほとんど説明できていますが、以下のような事が出来ます。

  • 各マップテクスチャの自動生成
    • 法線マップの自動生成
    • スペキュラマップの自動生成
    • パララックスマップの自動生成
    • オクルージョンマップの自動生成
  • ライトプレビュー(複数配置可能)

導入方法

itch.ioのソフトウェアページにてライセンスを確認してダウンロードしましょう。
ポータブル版も用意されているので、インストールが気になる方はそちらでも構いません。

1.7の変更点

新機能:

  • 外部プログラムから変更された画像を自動リロードします。 テクスチャを同時に作成したいユーザーが簡単になります。
    これにより、カスタムハイトマップと鏡面反射マップを外部で変更し、結果をほぼライブで確認できます。
    これはフラメンドレスによって実装されました(インディーホラーゲームが好きなら、彼のゲームGoing Homeをプレイしましょう)
  • マップがバックグラウンドスレッドで生成されるようになり、GUIの応答性が向上しました。
  • 複数のテクスチャの同時レンダリングをサポートしています。
    テクスチャリストをCtrlを押しながらクリックするだけで、選択したすべてのアイテムがレンダリングされ、リアルタイムで処理されます。
    それらは選択されたのと同じ順序でレンダリングされることに注意してください。
    レンダリングしたら、プレビューウィジェットでそれらをクリックして、それらの設定を移動、拡大縮小、または変更できます。
    Ctrlでそれらの複数を選択して、同じ設定をすべてのそれらに同時に変更することもできます!例を見たい場合は、このツイートをチェックしてください。

マイナーな変更:

  • ダイアログについて更新しました。
    これは、新しいコントリビューターと新しいPatreonによるものです。
    ありがとうLdugh(ちなみに、Ldughのゲームをチェックしてください。かなりクールです)
  • すべてのコード言語を英語に変更しました。
    ユーザーはこれに気付かないでしょうが、これはコーディングに貢献したい人にとって有用です。
  • すべてのコードにclang形式を適用しました。上の項目と同じコメントです。
  • qmファイルの自動生成を追加し、gitから削除しました。
  • プレビューが選択されていない場合、「ライトを追加」ボタンがグレー表示されます。
    そのボタンは、ライトを追加モードに入ったため、プレビューではないときにしばしば混乱を引き起こしましたが、何も表示されませんでした。
  • 助けたい新しい開発者のためのコントリビューターガイドを追加しました!
  • 現在「テクスチャごとのライト」オプションはデフォルトで無効になっています。
    これは、新しいマルチテクスチャ機能にとってより意味がありました。
  • エクスポートドックに「プレビュー」エクスポートオプションを追加し、ツールバーのエクスポートプレビューボタンの動作を変更しました。
    今より理にかなっています。
    ツールバーのボタンは、レンダリングされているすべてのもの(ライトアイコンを除く)をエクスポートし、ドックのオプションは処理が適用された元のテクスチャをエクスポートします。

バグの修正:

  • 一部のglslバージョンでLaigterが動作しなかったシェーダーでのキャストが修正されました。
  • 一部の状況で「カット」ラジオボタンが機能しないバグを修正しました。

翻訳:

  • Laigterはフランス語に翻訳されました!Calinouに感謝します!

公式ブログリリースより

その他

ソースコードはGitHubでGPLv3ライセンスの下で入手できます。
Laigterの以前のバージョンの詳細については、以下のビデオをご覧ください。

まとめ

もちろんあくまでもテクスチャを効率的に作るためのものであり、実装は別問題です。
改めてご紹介しますが、法線マップやスペキュラマップは3Dの知識が必要となります。
2Dゲーム開発者にとって大きな一歩となることは間違いないので、ツールと共に勉強してみるのはいかがでしょうか。